忍者ブログ

鍛冶屋サキュバス奮闘記

定期更新型ネットゲーム『sicx Lives』に参加している、リムル(579)の日記帳です。 主に日記置き場ですが、お絵描きしてたり、何か呟いてたりもします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

焔の月 5日目

 
 
「リムルさん、何を書いているんですか?」
 
 
 ハムスター退治の依頼を無事に終え、夜の食事も済んで各々自由に過ごす時間。
 テント前でランタンの明かりの元、日記を書いている僕に声をかけてきたのは
 エルモアさんの連れである研究者の少女、ネピアちゃんだった。
 
「うん、日記をね。やっと今、村から旅立った所まで終わったんだ」
 
 僕は丁度書き終えたページに栞を挟み、そう分厚くない日記帳を鞄へと仕舞う。
 村を出る直前はバタバタしてて、ちゃんと書くことができなかったからと言い訳しつつ、
 昼間はリムルちゃん、夜はリムルさんと呼んでくれる彼女へと視線をやると、
 
「・・・・・・あれ? ネピアちゃん、その格好は?」
 
 昼間の可憐なワンピースとは違う、カボチャのような衣装をまとったネピアちゃんが居た。
 
「えへへ。今日はハロウィンですよ。
 お昼はいっぱい歩いたり、戦ったりで汚れちゃうから、夜までとっておいたんです」
 
 そう言いながら、はにかむような笑顔で裾をつまみあげ、
 小さくお辞儀をしてみせる彼女はとても可愛らしい。
 
「ハロウィンかぁ・・・・・・そういえば、名前だけは聞いたことがあるかも。
 残念ながら僕の村ではしたことがなくて、本物を見るのはこれが初めてだよ」
 
「そうなんですか? それは勿体無いです!
 みんな色んな仮装をするから見て周るだけでも楽しいし、
 お菓子も貰えたりして、とても楽しいイベントなんですよ」
 
 大きな目をぱちくりと瞬いた彼女は、笑いながら僕の手をとり自分のテントへと誘った。
 
「え? あの、ちょ、ね、ネピアちゃん・・・・・・?!」
 
 今は夜で、僕は30歳近くの男の姿で、ネピアちゃんは14歳の少女だ。
 最近のコは早熟だと以前エレナに言われたことはあるが、さすがにこれは早すぎる。
 大胆にも自分のテント内へ引き込もうとする彼女に、僕が慌てて立ち往生していると、
 
「ね? リムルさんも、お着替えしましょう?」
 
「うん、その、え、着替え?」
 
 彼女が無邪気に笑いながら入り口を開けたテント内には、
 幾つものオレンジやピンクの衣装が、所狭しと広げられていた。
 
「・・・・・・・・・・・・着替え、ね。あは、あはははははは」
 
 自分の勘違いに気付いて顔が熱くなる。
 とっさに乾いた笑いでお茶を濁す僕を、ネピアちゃんはにっこりと笑い、
 
「えへへ。リムルさん、どの衣装が着たいですか?」
 
「え? えっと、そうだね、どうしようかな?」
 
 再度着替えを勧められ、視線をテント内へと戻した。
 どこから持って来たのかは知らないけれど、6、7着はあるようだ。
 どれにしようかと視線をさ迷わせていると、
 
「ちなみに、私のオススメはコレです!色違いのカボチャワンピース!」
 
 明るい声でネピアちゃんが、1つの衣装を摘み上げた。
 
 
 
                           ~ プロフ絵に続く ~
 
 
 
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
リムル(579)
性別:
非公開

最新コメント

[11/17 スオ(211)]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright ©  -- 鍛冶屋サキュバス奮闘記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]